« September 2004 | Main | November 2004 »

October 04, 2004

オリンパス E-300

コメント頂いていたE-300チェックして来ました。こちら


まず。価格帯がうれしいですね~!800万画素機で10万円弱ということだそうです。
一眼レフの独特の形を抑えたデザインで、学校行事などに持っていっても周りとなじめそうですね。
実際特別行事(運動会・学芸会など)以外で一眼レフを使っているとちょっと回りから引かれてしまうので(笑)
大きさもコンパクトで、非力な女性むきなのではないでしょうか?
ごみゼロというのもいいですね。これは最大の評価です。掲示板の書き込みなどもこのごみ問題が多数見られますから。
連写2.5コマ/秒というのがちょっと残念です。
バレエの舞台などでジャンプなど撮ると秒3コマでもちょっと遅い気がするんです。特に縦方向にジャンプしながら回転するショットを撮ると、FZ10の3コマ/秒では裏向きの写真ばかり。まあ、腕もあるのですが。

これはバレエの撮影用としてではなく、日常的に気軽に一眼レフでの撮影を楽しむのという用途で欲しい一台ですね。
こちらも発売を待って皆さんの感想を聞いてみたいと思います。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

α7デジタルのサンプル

あるサイトでαデジタルβ機のサンプルが掲載になりました。
これをみてしまうと、やっぱりαデジタルのほうが欲しくなってしまった。
ISO1600のノイズもPCでみてもほとんど気にならないように思います。
ある掲示板で参加者が20Dのサンプルを載せてくれていて拝見したISO800の画像で建物の影になっている箇所にノイズが載っていましたが、見比べる限りノイズレスを謳っている20Dに迫ったものがあるように感じました。
実機がβ機のISO1600のノイズくらいならこれは絶対買いです。
発売が楽しみになってきました。

| | Comments (68) | TrackBack (1)

October 02, 2004

αか20Dか…

この前20Dの方が優勢だということを書いたのですが、20Dを実際に使っているかたの話など聞くうちに、またまた迷いが出てきてしまった。

レンズの選択という点で選択に迷いが出ています。
20Dの場合、その機能を最大限引き出すためにはやはり純正のレンズが必携となるようです。
連写速度に拘らなければサードパーティーからのレンズでもいいのですが、
それでは20Dの魅力が半減してしまいます。
純正レンズ。200までの望遠は必須なのでズームレンズを検討していますが4Lレンズにしてもなんて大きいのでしょうね。常用にはできません。(高いのに…)
また、連写を使いたい場合被写体が動いていることが前提になってくるのですが
そのさい動体予測の機能(サーボというのかな?)必携ということになるのですが
このときピントが合わないとシャッターが切れないということなので、サーボ使用時、連写速度は公称では3コマ/秒、ユーザーのお話では4コマから3コマくらいだそうです。
ワンショットAFだったら秒5コマ切れるようなので、仮にバレエの舞台を撮影するとしたらコーダなどの早い動きはワンショットAF使って連写することを前提にしないといけません。

大きくて重いレンズを自由に使いこなすのははっきり言って私のキャリアでは無理でしょう。
タムロンあたりのコンパクトなレンズを暗いのは承知で使うとなると、20Dの売りの高速連写は絶対に無理だと思います。
だったらαにしてASがどこまで使えるのか分かりませんが、タムロンあたりのコンパクトなズームレンズを使ったほうが、暗所での撮影はαの方が有利なように思います。あとはαのバッファ開放までの時間が20Dにどのくらい迫ってくるかで決まるように思えます。

インタビューでミノルタのコメントに
 『我々のユーザーは中上級のアマチュアユーザーが主です。連写をガンガンするタイプではなく、落ち着いて撮影を楽しむ方々が多い。そうしたユーザーに対して、ファインダーの見え味だけでなく、各部の操作感、さらにグリップの形状もかなり繰り返し検討を重ねてきました。今後もそうした部分、フォーカシングスクリーンや手に触れる部分、感性に訴えかけるところでの品質を落とさないように開発を進めます』

とありましたが、連写好きな初心者だってミノルタに期待しているということを忘れないで欲しいと思います。
一眼αSweetで当時RIKAKOを起用してのCMだってよかったし、もしαSweetデジタルがでるなら、運動会や発表会で大活躍されるようなデジタル一眼レフを是非出してほしいです。
α7デジタル、重そうなので。
10月16日にお台場で実機に触れるようなので是非出向いて見たいとおもいます。

| | Comments (2) | TrackBack (1)

« September 2004 | Main | November 2004 »